入居者のクオリティオブライフを高める!介護施設の食事を給食委託に任せる時に役立つ情報まとめ

介護施設で利用者の生活の質を高めるためにも、給食委託をお願いすることでご飯を美味しく食べられます。
給食を利用するだけでも、職員さんの負担を軽減させるだけでなく献立を考えたりなどの手間も省けるため仕事がしやすくなるのです。
そこで、ここでは給食を利用した場合のメリットを解説していきます。

入居者のクオリティオブライフを高める!介護施設の食事を給食委託に任せる時に役立つ情報まとめ

介護施設の給食委託を利用することで、入居者を喜ばせる給食を提供している会社がたくさんあります。
介護施設に導入することで、食事への効率化を図れるため是非利用してみると嬉しいポイントがたくさんあるのです。
飽きないメニューと手作り感のある調理をこだわっている給食委託の会社もあり、全国1000か所の福祉施設に給食サービスを提供しているのが魅力です。
効率化も重視しながら、家庭的な料理を出すメニューは利用者にも大人気です。

介護施設の人材不足を給食委託で補う

介護施設にとって食事はとても重要で、食事の質が利用者の満足度に直結するといっても過言ではありません。
しかしそれだけに調理の業務はスタッフにとって負担が大きいものです。
単純な調理作業も手間ですが、バリエーション豊かな献立作成や料理の質の均一化など、想像以上の作業コストになってしまいます。
さらに介護施設の食事ですから栄養にはもちろん気を遣わなければなりません。
そうなると管理栄養士を配置する必要も出てきますが、そんな余裕のない介護施設も少なくないでしょう。
そのような人材不足を抱える介護施設には、給食委託という選択肢があります。
給食委託とは調理業務を外部の業者に任せることを指します。
利用者の細かな要望に応えることは難しくなりますが、バリエーション豊かで栄養面にも配慮された美味しい食事を安定して提供することができます。
もちろん外注ですのでスタッフの負担はごくごく小さなものになります。
また食中毒などが発生したときに責任の所在を明らかにできるのも、施設としてありがたいでしょう。

介護施設で給食委託を利用すれば食材費や人件費などを節約できる

介護施設で提供される食事にはスタッフが施設内で調理するタイプと、外部に委託した配食サービス業者から栄養バランスに優れた介護用の食事が運ばれてくる委託給食タイプとあります。
委託給食はスタッフの人件費や食費や労力を節約でき、介護や医療などの業務に集中できる、衛生面も安全で食事の味や嚥下食にも対応してもらえる、老人ホームなどの入所施設では災害時の給食体制も整っているなど多くのメリットがある形態です。
施設内で調理をすればできたての温かい食事を提供できるというメリットはありますが、栄養や調理の資格のないスタッフが自前で調理すると食中毒などの心配もあり、体力の衰えた高齢者にはとても危険です。
外部に給食を委託すればその不安はなくなり、食材や燃料費の高騰で経費を圧迫されるなどの心配もなくなります。
加えて調理専門のスタッフを雇用しなくてもよいので人件費の節約にもつながり、給食の委託は介護施設にとってとても便利なサービスです。

給食委託なら管理栄養士がメニューを考案してくれるので介護施設でも安心

介護施設で給食委託をしているところなら、管理栄養士がメニューを考えてくれているので安心して口にすることが出来ます。
施設によっては委託をしていないところもあるので、事前に「給食委託で栄養バランスがしっかりとしている」と書いてある方が人気が高いです。
介護施設の良いところは、孤食ではなくコミュニケーションを取りながら食事が出来るので健康面も任せることが出来るところでしょう。
なかなか自分では考える暇が出来ないので、簡単なものしか作ることが出来ないのは困ってしまいます。
管理栄養士がしっかりと計算している給食委託なら、安全で美味しいものを口に出来ます。
介護施設にいるスタッフは、きちんとした知識と実績を積んできた人ばかりなので、平常のときは安心して過ごすことが可能です。
ところが食事の面では素人で「この食事でどのくらいの栄養が摂取できるのか」を伝えられる人はあまりいません。
なので、給食委託しているところは、健康維持を考えて依頼しているのです。

給食委託で介護施設の入居者に必要な分だけ発注すれば食品ロスを防げる

日本でも世界でも食糧危機が来ると言われています。
温暖化の影響により、作物が作れない環境になり、輸入食品に頼っているのが現状です。
労働賃金も上がらず、定職につくことすら出来ない若者も増えています。
飲食店やスーパーなどでも度々取り上げられている、フードロス問題ですが、日本も真剣に取り組む時が来ました。
戦後ベビーブームを迎えた団塊世代が高齢化し、街のいろんな場所で老人ホームを目にします。
その数だけ毎食食事が作られて、廃棄されている事は事実です。
給食委託で介護施設の入居者に必要な分だけ発注すれば食品ロスを防ぐ事ができます。
コロナ禍ということもあり、誰が感染しているかも分からずクラスターが起きてしまうと命に関わることになりかねません。
介護施設で調理をした場合、衛生管理が行き届かず食中毒になるリスクもあります。
色んな観点からも給食委託をお願いする事で人件費も安くなり、食品を無駄にすることもなくなります。

介護施設に関する情報サイト
介護施設の食事を給食委託に任せる時に役立つ情報

介護施設で利用者の生活の質を高めるためにも、給食委託をお願いすることでご飯を美味しく食べられます。給食を利用するだけでも、職員さんの負担を軽減させるだけでなく献立を考えたりなどの手間も省けるため仕事がしやすくなるのです。そこで、ここでは給食を利用した場合のメリットを解説していきます。

Search